FC2ブログ

花見に上京


夫のくまおが作った簡単な朝ごはんを食べて空港へ。
夫のくまおが好きな千鳥ヶ淵の桜を見に上京しています。

空港までの行き帰りは空港送迎定額のタクシーで。
帰る時間までゆっくり飲めるように。

北国の地元に桜がくるまで待てばいいようなものですけどね。

にほんブログ村
スポンサーサイト



ごめんなさいしたけど





今夜はニラ玉、長芋、小松菜お浸し、フライパンタンドリーチキン。

昨日喧嘩したから、今日は帰るコールにも淡々と答えた。

「今から帰ります。買い物とか足りないもの、ない?」
ない
「え?なに?ないの?」
「あぁ」
「じゃ、真っ直ぐ帰ります」「ん」

そして、夕飯の乾杯の時「乾杯、昨日はごめんなさい」と言ったくまお。
「む…」 としか返事ができなかった。

とりあえず、ニラ玉などで食べ始めてタンドリーチキンを焼く。

タンドリーチキンをひっくり返しに台所に立って「あっ」と思った。
謝ったけど、お金は払わない気か?

もやもやもや…
ま、いいか。いや、良くないよ。
もやもや…

食後に、「ちゃんと謝る気があるなら焼酎代を払え!」と言った。

「何だよ、急にさっきはいいよとか言ったくせに」とか言いながら1000円寄越したくまお。

「いいよなんて言ってない。返事ができなかった

1000円を財布にしまう。
これでよし。

くまおってば、本当に1000円が惜しかったのかね

にほんブログ村

喧嘩

久々の喧嘩の記事です。

我が家では以前は食べ物飲み物は半分ずつ出し合うようにしており、今日は私、明日はあなた、と言うような感じだったのだが、くまおがお金がないと言いだし、一時期、私が食べ物もお酒も買う日が続いた。当然、負担は大きくなり、いくら安い食材を工夫しても追いつかない。

そこで、くまおに提案をして、いまは食べ物を買うのは私、お酒を買うのはくまお、という役割に落ち着いている。勿論自分が日本酒を飲みたい時などには食材のついでに買うこともあるし、くまおが自分の食べたいものを買ってくることもある。

で、昨日、日中の電話で「○スーパーへ行くなら焼酎買ってきてくれ」「お酒係はくまちゃんだから金はもらうよ」と言う会話ののち私が焼酎を買い、帰るコールをくれたくまおに料理酒を買ってきてくれるように頼んだ。

ビールのあと焼酎を飲みながら話していたが、ふと思い出して「そうだ、焼酎代1000円ください」と私。
渋るくまお。文句を言いだした。

「ワタシだってチーズかまぼこ買ってきたよ」←自分が食べたいからでしょ
「遅くなってやっと帰るのに調理酒まで頼まれた」←ビール買いに酒屋に寄るって言ったから
「朝だって起きもしないで、ワタシ一人でご飯食べるんだよ」←関係ない話

1000円を嫌そうに差出したのを受け取って…
「私も一緒に起きようかと言った時『寝るのがあなたの美容法だ。起きなくていいよ』と言ってくれたじゃない」と言ってみた。

更に何か言おうとするくまお。
「ね、1000円くらいであまり言わない方がいいよ。私もイライラするし、損するよ

しかしこれで止まるようなくまおではなかった。

「夜最後に使った食器だって出しっぱなしで、私は朝に下げて食器洗って、きれいにしてるだろ!あなたはぐーぐーぐーぐー寝てるじゃないか!

「私も朝起きようか?」
「ふん、起きたって何もしなきゃどうしようもないだろ

どうしようもないのはくまおだ。酔うと細かい上にせこくなるからしかもくどい。

無視して1000円を財布にしまう。

次に、台所に行ったくまお。
「ちょっと来てみろ!これだよ!」

私が洗ったステンレス鍋が乾いて、汚れが真っ白に浮き出していた。

「あれ?何でだろう」
「洗えてないんだ!やり直しだ!」

鍋を再び洗い始めた私に更に言葉が浴びせられる。

「だいたい、洗う時間が短すぎる!早いんだよ
「今日は3~4回も洗ったんだよ。なかなか汚れが落ちなくて…」
「結果が全てだ
「そうだけど、おかしいなぁ」

その鍋は、くまおがいつも「輪が残ってる、汚い、洗えてない」と言うから、昨日は洗い上がりを何度も確認した。汚れの線が残っていたから3度ごしごしこすって、最後にまた全体を洗った。これは本当。水が付くと見えなくなるような汚れで・・油分ではないと思うのだが。

「いつもこれだ!だからワタシが朝に洗えてないのを洗い直してる!」

そして「あなたのせいで毎日朝からイライラして出掛けてるんだ

この一言、とてもショックだった

くまおはよく「朝寝てるたぬちゃん見ると可愛いし、幸せだな」と言っていたが、そういえばこの頃言わない。私のせいでイライラして仕事に行く…本当に?

私は微妙に起床時間が重なっている時も、邪魔しないようにくまおが出掛けるまでベッドから動かないようにしている。
逆に自分が出かける支度してる時に、トイレや台所など使いたいところが重なるとイライラするから。

鍋を洗いながらどんどん悲しくなった。本当に何度も確認して洗ったのに。結果が全て…そうだけど、話くらい聞いてくれてもいいのに。私のせいで毎朝イライラするって、本当に?

洗っても鍋はきれいにならないし、腹が立ってきた。

そうでしょうとも!私もイライラするわ!1000円くらいで機嫌悪くなって関係ないことをガンガン言ってくる!人の話を全然聞かない
!『結果が全てだ?』偉そうに!

鍋を叩き付けた。すると脇に置いてあった水の入ったグラス2つが倒れた。触れてないのに。衝撃で?凄いなぁ…
呑気なことを考えていたら、くまおが「何でそういうことするんだ!びしょびしょじゃないか!毎日こういうのを俺が拭いてるんだ!」

周りを拭きながら「汚い、汚い。こんなところあなた拭かないでしょ。俺いつも拭いてるんだよ」

ああ、うるさいったら

「私といると汚いからもう私から離れて」(離婚して出てけって意味ね)

これには無言だったくまお。

「強くこすったら傷がつくだろ
鍋を取り上げようとする。

「まだ汚いんだよ。ほら、線がある」スポンジでこする私。

すると、鍋を取り上げて肘で私を押して台所から寄せようとしたくまお。

「ひどい寄せ方しないでっ

瞬間、噛みつくように叫ぶとくまおがビクッとなった。本当に噛みつかれるとでも思ったのかな。

この後も文句言いながら『お休み』も言わずに寝たくまお。
今朝は「たぬちゃん、足が出てるよ」とか「布団落ちそうだよ」とかなんとか話しかけてきたけど、少しだけ返事した。

イラつく。

そうそう、昨日寝る前に「1000円ごときでこれほど言われるならいらない」と突き返した。何で、とか言ってテーブルに置きっぱなしのまま寝たくまお。朝には『ごめんなさい』とか書いて1000円を置いたまま出掛けるかな思ったら無くなっていた。

しっかり自分の財布に戻すとは太い野郎だ。


にほんブログ村

夕飯





鳥手羽元の酒粕煮参鶏湯風、ソフト見欠ニシン焼き、春菊ごま和え、実家の取れたて椎茸焼きなど。

手羽元が「それらしく出来てるな」と高評価
あと椎茸焼き。「やっぱり取れたてが一番だな」って。

にほんブログ村

夕飯






ヒジキ煮物、菜花とイカの炒め物、鶏レバー煮、長芋、伊勢うどん。

「毎日美味しいもの作ってもらって嬉しいなぁ
と夫のくまお。

ヒジキもレバーも長芋も、くまおの好物だからね。

「また伊勢うどん買ってくるよ」と言うのは軽く制しておきました。
くまおは本当に炭水化物が好きだなあ…


にほんブログ村

豚カツ!




今夜は夫のくまおリクエストの豚カツと玉ねぎフライ。あと鰯の酢醤油漬け、もずくです。

豚カツ、ジューシーにうまく揚がりました


にほんブログ村

夕飯



昼食のあと眠気に負けてダウン。
くまおも「7時(19時)まで寝よう」と隣で昼寝。

7時前、はたと目を覚まして「たぬちゃん、起きて夕飯食べよう」と。

「要らない。このまま寝る

「寂しいなぁ、ちょっと起きようよ

と言う訳で頑張って起きました。

くまおが作った夕飯はミツバ卵だし煮、茹でアスパラ。ナッツ。

食べたらまた寝ます


にほんブログ村

お昼




朝は夫くまおの実家でくま母が作ってくれた朝ごはん

私は仕事に行き、くまおは温泉へ
帰宅して遅いお昼はくまおが作ったレトルトスパゲッティ 、ビールと白ワイン。くまおが揚げた揚げ豆腐。

眠くて倒れそうだ


にほんブログ村

昨夜は寿司屋さんへ


昨夜は着物を着てお高い寿司屋さんに行きました。

私が宝くじで10万円当たったから

「それくらい、今まで宝くじ買った金の方が多いだろ

と、憎まれ口を叩いたくまおも勿論一緒です

寿司屋で日本酒をたらふく飲んで、それからバーを2軒まわり、倒れそうなくまおを支えながらタクシーに乗せて繁華街にあるくま実家へ。

くま母とビールを飲み、話の流れで親不孝を詫びながらむせび泣くくまおをくま母と笑う。

「何でこんな人と結婚したの?」とくま母に聞かれて答えられなかった。まさかうちに居座って「入籍しないとアパート代払わない」と言われたからとも言えないし

しかし、「日々喧嘩もするが、一緒に飲んだり出掛けたり、毎日楽しい」とは答えた。
くま母は受けて「そう、、楽しいのね?」と言っていた。

くまおは全て記憶なし。

家でどこかに腿を強打して痛い痛いと言っています。
昨日も楽しかったし美味しかった。私のお金で

にほんブログ村

お昼はラーメン


夫のくまお特製ラーメン。私のは麺少な目です。

なんてったって、夜はお寿司屋さんを予約してあるのだから

なのに何故か生ラーメンを買ってくるくまお

「太らないでくれ」と言いながら一緒によく食べるのが好きらしいから参るわ。


にほんブログ村
さて、寿司屋さんに話を戻すが、
プロフィール

たぬ子

Author:たぬ子
「くまお」清潔好きで料理もマメ。ちょっとモラ夫。
「たぬ子」掃除は嫌いだが料理は好き。モラに負けてなるか!
48歳で2015年に結婚。50代になった凸凹夫婦のドタバタの日々を料理中心に綴ります。

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR